本文へスキップ

日焼け止めの正しい選び方

強い紫外線は肌荒れの原因になるので注意

日々の不摂生や睡眠不足が肌荒れの原因だと思っていませんか?
意外にも、シミの原因になる紫外線こそが肌荒れの原因になっているかもしれません

強い紫外線は肌荒れの原因になる

強い紫外線を浴び続けるとシミができることはあなたも知っているでしょう。
ただ、すべての肌荒れの原因につながっているとは、なかなか気がつかないものです。
実は、肌トラブル7割以上が、紫外線がもとで発生しています。

老化の原因になる物質は「活性酸素」ですが、この活性酸素、紫外線に多く含まれる物質です。
強い紫外線を受けると、この活性酸素が肌に悪影響を与えることになるので、肌荒れが起こってしまうのです。

肌荒れと言われてどんな肌トラブルを想像するでしょうか。
あなたが想像した肌トラブルのすべてが、紫外線によって起こっています。

吹き出物、ニキビ、そばかす、乾燥肌、これらすべて紫外線の影響でおこる肌トラブルです。
特に乾燥肌になってしまうと、次々に肌トラブルがおこるので、保湿だけでもしっかりしておいてほしいと思います。

保湿をしていれば、紫外線の影響も受けにくくなります。
うるおいのある肌は、うるおいが紫外線をカットするバリアの役割をしてくれます。
うるおいを消費して紫外線から肌を守っていると思っても良いのでしょう。

また、このうるおいを蓄えておくためのコラーゲンも、紫外線によって破壊されてしまいます。
コラーゲンが減少すると、肌にうるおいが行き届かなくなってしまいます。

コラーゲンの減少で肌が支えられなくなると、今度はたるみができてしまいます。
リフトアップトレーニングをしても、コラーゲンが破壊されて起こったたるみを解消するのは難しいでしょう。

吹き出物、ニキビが紫外線の影響でできてしまうと、黒ずむのも早いです。
吹き出物が黒ずみになったり、ニキビ跡が残ってしまうのも、紫外線が強く影響しています。
でも、日焼け止めを使って紫外線対策を行っておけば、肌荒れはほとんど起こりません。

また、紫外線が原因となるだけではなく、生活が不規則になり、体調を崩すと、大人ニキビや吹き出物など、
肌トラブルに悩まされるようになります。
体調が崩れてできたときの顎の吹き出物などは、なかなか治らず、跡になってしまうことも多いようです。

肌にトラブルが発生するときは、肌が健康な状態ではないことが多く、
そのため状態を悪化させてしまう場合も少なくありません。

ですから、肌の健康を維持するためにも、規則正しい生活を送ることが重要な鍵となります。
常日頃から、不摂生や睡眠不足さえ気をつけていれば、キレイな肌のままで過ごすことができるでしょう。