本文へスキップ

日焼け止めの正しい選び方

日焼け止めのSPFという数値について

日焼け止めには、SPFと呼ばれる数値が記載されています。
この数値が高ければ高いほど良い日焼け止めといえるのでしょうか。

SPFと呼ばれる数値について

SPFは「サン プロテクション ファクター」のそれぞれの頭文字をとってつけられた数値です。
SPFは10〜50まであり、SPF値が高いほど日焼け止めの効果が長持ちします。

1SPFあたり20分と計算し、SPF値によって日焼け止めの効果時間が計算されます。
例えば、SPFが50なら1000分(16時間以上)日焼け止めとしての効果があるということになります。
それ以上使っていても効果がないので、塗り直しが必要になるということです。

ただし、SPFが50もある日焼け止めは売られていないので注意してください。
少なくとも一般向けの日焼け止めは30程度のものが多いでしょう。
(スポーツ用の日焼け止めに50のものがある)

SPF値は、あくまで日焼け止めの「効果時間」を表している数値です。
なので、SPFが高い日焼け止めが良い日焼け止めではないと覚えておきましょう。

高い紫外線カット効果を期待したいなら、SPFではなく、「PA」に注目していきましょう。
PAはPA+〜PA+++まであり、「+」の数が多いほど強い紫外線に対応することができます。

日焼け止めを塗るタイミングがなく、長い時間使っていたいならSPFの数値が高い物を選んでください。
強い日差しが気になり、絶対に日焼けをしたくないなら、PAの+が多い物を選びましょう。

一般的にどちらかの数値が高ければ、一方の数値は低くなっているはずです。
どちらの数値も高ければ、肌に大きな刺激を与えてしまう可能性があります。
紫外線で肌荒れを起こすのではなく、日焼け止めで肌荒れが起こる可能性があるということです。

では、どうしたら完ぺきに日焼け止めを使っていけるのでしょうか。
答えは、「SPFが低くても、PAが高いものを選べば良い」です。
そして、「何度も塗りなおすこと」を心がけていれば、日焼けをせずに済みます。

別にSPFが低い物を使っていても、塗り直しをすることができれば日焼けはしません。
日焼け止めとして高い効果を期待するなら、やはりPAが高い物を使っていかなければいけないでしょう。