本文へスキップ

日焼け止めの正しい選び方

どのようにして日焼け止めを選んでいますか?

日焼け止めの正しい選び方

紫外線が強くなる時期、美を意識している女性なら、日焼け止めは必須でしょう。
その日焼け止め、何を使っても良いというわけではありません。
シミに効く化粧品、シワに効く化粧品、それぞれの悩みにぴったりの化粧品があるはずです。

日焼け止めはどんなものを選んだほうが良いの?
当サイトは、正しい日焼け止めの選び方を考えていくサイトです。

正しい日焼け止めの選び方

日焼け止めには種類があることを知っていましたか?
A、B、C、3つのタイプに分かれていて、商品には「UVBカット」などと表記されています。

日焼け止めクリームならなんでも良いと思って使っているなら、
紫外線のタイプと合わない日焼け止めクリームを使っている可能性が高いです。
タイプに合わせた種類を選ばなければ、日焼け止めクリームは効果がありません。

Aタイプ:夏の海など、強い紫外線を受けて一瞬で日焼けしてしまう状況で使う。
Bタイプ:冬の山など、じっくりと日焼けをする状況で使う。
Cタイプ:Cタイプの日焼け止めは売られていません。
(UVCは大気を通過することができない為、人間の肌に届く紫外線タイプではない)

この実質2種類の日焼け止めを使い分けることになります。
状況に合わせた日焼け止めを使うことで、日焼けを防止することができます。


UVAとUVBの特徴

UVAとUVBでは、それぞれを強く受けた時の肌トラブルが違います。
シミを作りたくない、日焼けをしたくないなどの悩みによって、選ぶ日焼け止めクリームのタイプをわけていきます。

UVA

紫外線と呼ばれている物質の約9割がUVAです。
皮膚の奥まで届くので、肌トラブルのもとになりやすい紫外線です。

UVAを肌に受け続けると、シミ、シワ、たるみなどの原因になります。
また、真っ黒く日焼けしてしまう原因でもありますので、ほとんどの方がUVA対策を行う必要があります。

UVB

紫外線の約5%がUVBとなっています。
基本的に日傘を使って日陰に入っていれば避けることができる紫外線です。
日焼けの原因になりますが、シミの原因になることは少ないです。

ただし、肌が赤くなったり、小さなそばかすの原因になります。


つまり、UVAは老化に関する肌トラブルの原因に直接結びつく可能性が高いです。
UVBでおこる肌トラブルは、一時的なものが多いです。

もし、将来のことを考えるなら、積極的にUVAを遮断していかなければなりません。
ということで、UVAカットに優れている日焼け止めを選ぶのが、美容にとっては正解と言えます。